こんなお悩み、ありませんか?
・産業医はいるがメンタルヘルスは専門ではない企業
・社内のメンタルヘルス体制作りを進める必要がある企業
・メンタルヘルス不調者を出したくない、減らしたい企業

そんなとき労働衛生及び精神科分野の専門的知識で企業と従業員の身を守る手段を提供するのが精神科産業医です。
産業医に求められる職務は複雑かつ多岐にわたり、産業医が果たすべき役割は近年重要性を増しています。メンタルヘルス不調や自殺者の増加、過重労働とそれに伴う生活習慣病の増加などは、社会問題となっています。このように広範になりつつある産業医業務に適切に対応するためには、より専門性を持って活動していく必要性を感じ、当事務所を開設しました。

当事務所は現在、50名未満~1,000名規模の企業の嘱託産業医として活動しており、その豊富な経験と実績に対してそれぞれの企業様から高い評価をいただいております。
メンタル不調者の復職判定など対応に迷うケースでは、精神科専門医の知識をわかりやすく企業様にお伝えすることで、企業、医療機関、従業員を有機的に繋ぐ架け橋となります。

豊富な産業医経験と臨床での診療で得られた知見を生かして、より良い産業医業務をご提供いたします。どうぞよろしくお願いします。

新着情報

2022.12.17
ホームページが公開されました。

主治医と産業医、そして精神科産業医

  • 産業医:働くうえで健康上問題がないかを確認し、不調に陥らないように予防する
  • 主治医:メンタル不調などに陥ってしまった人を治療する

といった違いがあり、「産業医はメンタル不調者を出さないよう予防する役割はあっても、治療するわけではない」といった点に注意が必要です。

多くの企業において社員の健康問題となっているのはメンタルヘルスです。しかしメンタルヘルス疾患に対処できる産業医やクリニックでなければ、症状の改善を望みにくのも現実です。
そのような現実に直面する企業も多いこともあり、私の経験上、半数以上の企業様が精神科専門の産業医を希望されております。

精神科産業医とは・・・

近年の精神障害の労災件数の増加などを踏まえ、2016年よりストレスチェック制度が開始されるなど、メンタルヘルスケアの比重は年々大きくなる傾向にあります。

メンタルヘルスに関しては、病状の判断だけでなく、業務上・業務外の要因、個人要因、緩衝要因など要因の複雑さや客観的な測定の困難さなどもあり、対応が難しい場合も少なくありません。

品川産業医事務所では、日本医師会認定産業医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医、精神保健指定医の資格を有する医師が担当します。

当事務所が行う産業医・顧問医業務の特色としては、メンタルヘルスに関し専門的立場からアドバイスを行えることと、面接指導等に関してもメンタルヘルスの特性を踏まえ、契約された事業所に対し適切なフィードバックを行っていきます。
また、すでに産業医の選任を行っている事業所や選任義務のない小規模事業所などに対しても、精神科顧問医・精神科産業医として、専門的立場から、ご希望の業務内容に応じたサポートを行っております。

料金や契約形態につきましては、ご依頼いただく業務内容、事業場への訪問頻度や滞在時間、訪問する事業場までの距離、当院での産業医面談の有無、産業医面談の頻度(過去の実績などをもとにした)、ストレスチェックの業務範囲(ストレスチェック実施者となることは可能ですが、検査業務自体は行っておりません。)などにより異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

産業医 品川区 港区 大田区 目黒区 渋谷区 精神科 メンタルヘルス 大崎 品川 目黒 新橋 東京 恵比寿 渋谷 新宿
ページの先頭へ